2006年02月17日

おでん

部屋で過ごしていたら夕方チャイムが鳴りました。
お隣に住んでいる人で
『おでん作りすぎちゃったからよかったらどうぞ。』
おおおお、いいの

実は直前にお腹がすいたので近所のパン屋に行って
食い終わったあとだったのでそのときは空腹ではなかったのですが
夜ご飯としていただきました。
冬のおでんはさいこ〜


posted by maplewine at 07:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

スープカレー

北海道旅行その2
北海道はやっぱおいしいものが多い!
どうせ行くならおいしいもの食べたい!
ってことで、北海道出身の友達にお勧めの店を聞きました。
一番感激したのはスープカレー!!
行ったのはサボイというお店。
雪が深々と降る中、雪が積もりすぎて何も見えない道を歩き
たどり着いたその店はきてよかったなぁと思えるお店でした。
サボイカレーと野菜カレーはおいしかった。
日替わりは鮭がちょっと。。。とうちの父は申しておりました。
好みの問題かな。


スープカレーは今までおいしそうに思えなかったので食べるつもりは
なかったのですが、友達の勧めなので行ってみたらナイスでした
posted by maplewine at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

札幌雪祭り


行って来ました、雪祭り。

寒いのは覚悟してたんだけど、やっぱり寒い!
昼間行くより夜のほうがライトアップもされてて綺麗です。
見られて良かった!天気にも恵まれたし
テレビ塔を上って展望台から一面をみようとしたのですが
30分待ち!ってことで諦めました。

北海道は色んなところでこの時期いろんなところでお祭りしてるみたいです。
私は層雲峡のもみてきましたが、ここもよい。(めちゃくちゃ寒いけど)
ほかの場所行った人はぜひ感想聞かせてください!
posted by maplewine at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

神も仏もありませぬ

神も仏もありませぬ
著者:佐野洋子
60歳を超えたおばあさんの視点から世の中をみる
お話です。長編ではなく、短編がいくつか載っています。
考え方にユーモアがあって楽しく読めました。
これは、ノンフィクションかなぁ?
『いつ死んでもいい。でも今日でなくてもいい。』
周りの人たちとの助け合いが微笑ましくて、ちょっぴり心温まるお話です。
posted by maplewine at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

延命治療

先のことを考えるのは大切なこと。
過去を知るのも大事なこと。
知識がなければ同じことを繰り返してしまうのだから。

ってことで、過去のニュースを読んでました。
そこで見つけた記述。
私が日々思っていることでもあり、自分への再確認のために
ここに載せておきます。
いつ終わるか分からない命、死に方も自分で決められたら。。。

朝日新聞「くらし」欄平成12年
8月24日、投書「悲しい延命治療 防ぐ監視が必要」
9月14日、投書「かなしい延命治療」

要旨は、

「勤務先の入院患者は老衰と思われる高齢者が多く、口や鼻から
気管にチューブを通したり 、点滴や人工呼吸器をつけたりして、
延命治療がなされています。しかし、高齢者が治る見込みは少なく、
その最後の姿は悲しすぎます。 

 気管へのチューブはのどに穴を開けて入れられ、点滴は
栄養チューブに変わり、腹部に穴を開けて胃につなぎます。
管理しやすくなるからです。

患者さんがこんな状況を望んだのか。そう考えると胸が痛みます。
食べられなくなったら栄養チューブ、呼吸がしにくくなったら
気管にチューブ。そんなことでいいのでしょうか。

自分では意思表示ができず、治療方法を決めることが
できない患者さんが、たくさんいます。」

患者の意思を汲み取る仕組みづくりを。

posted by maplewine at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。