2007年01月17日

agenda

覚えておきたい言葉だと思い、メモとして残します。
最近、ラテン語に興味を持って色々調べてました。
(この件は後日、Blogに書くかもしれません。)
その際に感心したのが日本語の柔らかさです。
以下は私の言葉ではありません。

「ものごとを進める際には 2 通りのやり方がある。
1 つは目的指向で過程への理解を疎かにするやり方。
もう 1 つは、過程への理解に重きを置く方法である」

多くの人が仕事や流行に追い付くことに忙しく、
理解することよりもまず使うことに心を奪われているように思います。

日本語は、世界の他の言語にない柔軟性もっています。
そうです、漢字、ひらがな、カタカナ、そして、アルファベットのように
たくさんの記号を自然に表記できるのは日本語だけです。

もし、漢字、ひらがな、そして、カタカナをバランスよく書ければ、
斜め読みが可能になります。
逆に、カタカタばかりの日本語は、カタカナが目立ってどこが
重要なのか直感的に理解できません。

日本は漢字を消化するのに 1000 年もかかりました。
まったく消化できてない浮き草のようなカタカナは、
できるだけ利用しない方がよいでしょう





posted by maplewine at 16:04| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Xmas Socks


Xmasのデコレーションとして
今いるホストファミリーの家で飾られていたもの。
子供たちの名前が書いてある。
25日、起きた時点で子供たちがすべてのプレゼントを
あけていたのでわからないけど、
もしかしたらここにサンタクロースからの
プレゼントが入っていたのかもしれない。

今いる環境はネットに不自由しない環境。
更新頻度がいつもより多め。
posted by maplewine at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。