2010年09月01日

医療と工学の融合 シミュレーションで観る未来社会

書きたいことがありすぎてたまってる状況です。。。

8月20日、暑い中聞いてきた講演というか発表のメモです。


目的:

様々な未来社会と、そこに用いられる異なるシミュレーションの説明を行うこと




セッション1. 認知・センシング

『空の安全と認知システム工学』


・なぜ工学で人間行動を扱うか?

- 人工物の大規模・複雑化
- 認知的人工物の反乱
- 安全要求の高度化



・認知システム工学

なぜ人の言動が理解できるのか

・航空旅客サービス

- 自由化と国際化
- 安全な空への要求
- 環境負荷低減への要求

A. 機械と人とのコンフリクト
B. 人と人(航空管制塔)とのやりとり

=> 事故の要因:機械は故障していないのに起こる。



Q. バリデーションはどうしているのか?
A. 地上シミュレーションを現場の人に見てもらって変な動きを指摘してもらってる。続きを読む


posted by maplewine at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | freedom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。