2011年01月19日

認証というバイアスと信頼性

"IT業界の裏話: 毎秒2回アクセスを10分続けたら落ちる図書館システムと、その脆弱性を知っていながら対応できなかったCMMIレベル5のMDIS社"

http://it-ura.seesaa.net/article/160379484.html



---------------------------------
一番突っ込みたくなるのは、10分間にアクセスが1000件を超えるとホームページの閲覧ができなくなるという、図書館の貧弱なシステムの仕様です。こんな貧弱なWebシステム、見たことがありません。開発元は三菱電機インフォメーションシステムズ(MDIS)社です。

この件については、セキュリティ専門家の意見も「明らかにMDISのソフトウェアの脆弱性に問題あり」ということで一致しています。つまり、図書館側に問題があるということです。
---------------------------------



この記事を読むと、CMMIレベル5って達成してもこんな不具合を生むんですね。 ソフトウェア品質の保証と言っても、品質の部分が限られるってことなんだなと気付かされました。
more read...


ラベル:cmmi 規格
posted by maplewine at 19:32| Comment(4) | TrackBack(0) | freedom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。