2011年01月20日

チュニジアの政変とイスラムにおける自殺

『イスラムでは、いかなる理由があっても自殺は許されない』というイスラム教の"常識"があるにも関わらず、現在、焼身自殺をする人がアラブ諸国で増えているらしい。具体的には、エジプトやアルジェリアなど。

きっかけは、チュニジアの政変だ。


 2011年1月14日金曜日、約30日にわたって反政府デモ隊と治安部隊との激しい衝突が続いてきたチュニジアで、23年間独裁体制を敷いてきたジン・アビディン・ベンアリ大統領がとうとう政権を投げ出し、国外に亡命した。それを受け、モハメド・ガンヌーシ首相が政府を掌握し、非常事態宣言を出した。 “ジャスミン革命”と名づけられたチュニジアの政変は、アラブ世界で初めて市民の蜂起、より正確に言えば“ネット市民”の蜂起によって国家指導者が放逐された例として、歴史に刻まれることになろう。それを可能にしたのは、チュニジアの近代的な通信インフラやインターネット接続の普及、完全デジタル化された携帯電話ネットワークである。

http://megalodon.jp/2011-0120-1713-12/www.nikkei.com/biz/world/article/g=96958A9C93819499E3EBE2E28B8DE3EBE2E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;dg=1;q=F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2F2;p=9694E3E7E2E0E0E2E3E2E6E1E0E0

オリジナル記事はこちら。
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C93819499E3EBE2E28B8DE3EBE2E3E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2?n_cid=DSGGL001

more read...


ラベル:peace SUICIDE foreign
posted by maplewine at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | Peace | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。