2011年05月14日

Processing + WebCamで遊んでるところ

赤外線を使って,ちょっと試したい試験があるのでProcessingと組み合わせて使っているところ.Funnelと組み合わせたほうが楽なんだなろうか?
Funnelはよく使い方分からないので現在は後回しです.

まずカメラ.




YASHICA 赤外線ナイトモード搭載 6×IR デジタルカメラ EZ Digital F537IR
http://amzn.to/klS9bt



上記のデジタルカメラをWebカメラとして使用することにした.簡単に切り替えられて,しかもWebカメラとしてもつかえるし,赤外線モードの時は赤外線ライトが点くので別にライトを用意する必要がない.これ,届いてみて試してるけど便利だなと思う.


次に,カメラの画像を色々解析するために,Processingを使用することにする.

環境:
デジタルカメラ: YASHICA EZ Degital F537IR
OS: Windows XP
追加ツール: WinVDIG



※参考にした書籍

『Build with Processing デザイン/アートのためのプログラミング』



more read...
posted by maplewine at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

Scrumの用語勉強してるところ

BacklogsプラグインのおかげでScrumをやりやすくなった.

色々曖昧な用語を理解するためにここにメモしておく.

ちなみにこのサイトはとても勉強になりました.

"特徴(Feature)、粗筋(Story)、脚本(Scenario)とチケットの関係: プログラマの思索"




Feature(特徴):カンファレンス運営原価管理


粗筋(Story):カンファレンス目標人数までの到達度を測定する
* (As a)カンファレンス主催者として
* (I want)カンファレンス申込状況の報告書を見たい
* (So that I can)これにより、申込目標人数までの到達度を知ることができる。

脚本(Scenario): 一人の登録が1%進捗と表示される場合
* (Given: 前提) 200人が目標人数の場合
* (When: 操作) 一人が申込登録すると
* (Then: 結果) 1%進捗と表示される



ScrumとAgileは同じようで異なる.特に用語で戸惑う.私自身もまだ使い分けられてないし,使いわけようともあまり思ってない.
ただ,このサイトで上記のように説明があって,あぁ,こう考えるとテストケース書きやすいかなと思ったのでメモしておく.

posted by maplewine at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | freedom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

Redmineの複数起動時のセッション不具合

Redmineをポートをわけて複数起動してた(今までのと最新バージョンを動かして動作確認)けど,
最新バージョンの方がしょっちゅう勝手にログアウト状態になってアカウント認証を行う必要があった.(古い方はいつものように使えるし,DBもコピーして別にしてある.)


クッキーが有効じゃないのかなと思って,SessionID作り直しとかしたけど無理.


色々考えて(というか,諦めて帰ってる途中に浮かんだ),session_store.rbの中を開いてみた.

":secret" の値を疑ったけどこれは異なる文字列の並びになってる.
次に,":key" の名前を変更したらできました〜.

しかし,better_gantt_chart プラグインはエラーになってしまうので一旦削除.様子見る.


#なんか,以前も同じ内容で投稿していたようです.ごめんなさい.(2011/5/26追記.)
ラベル:session ruby redmine
posted by maplewine at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ruby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

心揺さぶられる良い映像

たまたま,久しぶりにYoutubeの動画を眺めてました.
きっかけはdocomoのCMが海外で人気らしいと聴いてみたことから.

見て感動.
他にも合わせて,紹介しますが,心を揺さぶられるものがありました.
冷めた目で見てしまえばそれで終わりかもしれませんが,この動画を作る過程にも,作られている過程の人物の思いなどにも多くのストーリーがあるのだろうなと思います.

人を動かすものは,理屈でもなければ,危機感でもなく,感動であるということがわかるなぁと.




自然の美しさというよりも個人的には音色が好き.リズムも自然(重力)に任せて所々一瞬止まる静けさとか,木琴の音に混ざる自然の音であったり.

前から,木製の携帯があったら欲しいなぁと思ってたのですが,(以前,秋のCEATEC JAPANで参考出品されていたのでみたことはあったのですがついに!あの時はauのブースだったような気がしてたのですが.),いつの間にかDocomoからでてるとは!自分はドコモユーザではないので悩むところです..
おさいふケータイ機能があれば嬉しかったのになぁ.限定15000台?,この春から発売されたけども,CMは震災後の自粛によって,人目に触れたことはほとんどないらしいです.これを作ったスタッフさんたちの努力が幻になってしまいそうで残念.
それがYoutubeで見られるなんて,改めてインターネットの普及に感謝です.
more read...
posted by maplewine at 14:26| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小暮写眞館読みました.




G.Wの時間をつかって,ひさしぶりに宮部みゆきさんの本を読みました.

最初,なんかあまり興味を持てなかったけど,結局後半面白くて最後まで引き寄せられるように読んでしまった.

宮部みゆきさんの作品はそんなには読んでいない(もともと書籍数がとても多い!)けどどれもハズレがないどころか,夢中にさせられる.特にサスペンスものがすきなのです.

そんな中,今回の本はいままで自分が読んだ中では意外にも『心霊写真』や『幽霊』といった非科学的なことを話題として使用し,しかもそれが当たり前のように次の物語へと引き継がれていくので,それが最初の違和感に繋がった.

(推理ものだと,そういう存在を利用するのって結構納得いかなかったりするのと似てると思う.)

でも読みすすめていくうちに,心が苦しくなるような場面や,逆にこころが温かくなる話もあったし,感動してしまう.そもそも非科学的なことはもちろん,SFのようなものが自由に表現できるのも本の力の一つだし,大して気にすることないか.

結果として,心に余裕があるときに読むには良い本だ.両親の気持ちも,ピカの気持ちも,そして主人公の英一の気持ちも,周りの友人たちの気持ちもそれぞれが温かい.


more read...
posted by maplewine at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。