2011年05月04日

日本人が知らないウィキリークス

本はそれなりのペースで読んでいるのですが,全然ここしばらくこのブログに感想をあげていなかったのでこのG.W.中にいくつか紹介できたらなと思います.





今朝,起きてびっくりしました.ちょうど1週間くらい前に読み終えた本だったのでまさに頭の中にはウィキリークスに関する情報が色々散りばめられているところ.
これらの情報に対して,各マスメディア,ジャーナリストがどのような反応をするのか興味深いところです.



以下,個人的メモ:


この書籍は,去年から大きくメディアを騒がしたウィキリークスについて,それぞれの著者が解説をしてくれたものだ.

読み終えた感想は読んで良かったという点.自分がウィキリークスについてどの程度理解していて,今回によってどの点の補強がされたのか掴むことができる.


この書籍は,2011年2月21日に発売されたもので,ウィキリークス騒動から発行までのスピードの速さに驚いた.文章中でも,まだ経過途中であり結果がどうなっているかわからないといったものもある.例えば,アサンジ氏が逮捕後,引渡しはどうなったのか,とか.


まず,私自身が大きな勘違いをしていたのはウィキリークスの活動内容.
クラッキングのプロフェッショナルがいて,その人達が非合法として,サーバ技術のセキュリティホールを暴き,その国・機関の機密情報を盗み取るという文章にするのは少し恥ずかしい,一般的な『ハッカー』のステレオタイプな活動を浮かべていた.


しかし,それは大きな誤解だった.
more read...
posted by maplewine at 14:27| Comment(2) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。