2011年05月26日

Processingのコーディング環境整える

Processing使っていくうちにかなりグラフィカルなことが試せるので楽しくなってきた.
より開発速度と高めるためにIDEに手を出してみたり,processing-rubyに手を出してみたり.


結局,processing-ruby は外部ライブラリを(多分)使えなかったりで,自分がいま必要とする動画処理は弱そうなので,純粋にProcessing言語を突き進むことにした.


以下は,自分向けのメモ.
■Eclipseを使ってIDE上で開発.


つまづいたこと.

・JREは入ってたけど,JDEが入ってなかった.

・core.jar をインポートしたときにインポート先が不明だった.
実は置くところはどこでもよく,とりあえずフォルダ直下においた.このあと,プロジェクトのツリーを右クリック,[Properties]を選択する. [Properties for <>]というタイトルのウィンドウが表示され,左メニューから[Java Build Path]をクリックし,右側の[Libraries]のタブをクリック,[Add JARs...]をクリックすると,[JAR Selection]のウィンドウが開くのでそこからインポートしたcore.jar を選択する必要があった.





Windowsで使ってるキーバインドソフトとバッティングしてたのでそれをオフにすれば Ctrl-Space で候補がでてくる.便利!



スケッチで他のクラスを使う場合,定義したクラスの中で,randomや line命令を使いたい場合,クラスの先頭でPAppletを渡しておく必要がある.


import processing.core.PApplet;

more read...
posted by maplewine at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。