2011年07月27日

リスクのモノサシ読了





たまたま,震災後にこの本を読む機会があったのですが,あのときの放射線騒動(いまも収まってませんが)に対して,一歩身をひいて考えるのによい本でした.

単純に,一方通行の情報だけで判断するのではなく,できるだけ幅広い選択肢の中から判断する力をつけることを意識したい.

例えば,通常の100万倍って言われれば,これがなんなのか分からなくたって多くの人は関心を持つし,驚く.視聴率をとってなんぼのメディアは当然,こういった数値トリックは多用すると思う.僕達はそれに振り回されない情報リテラシーを求められている.

書籍の中でもこのように書かれています.文章は引用ではなく,こんなニュアンスとして載せています.

■マスメディアの報道スタイル
マスメディアはその幅の中で悲観的な報道をしがちである.これは,指標の範囲が1~10のリスクとしたら,マスメディアは10いう数値で物事を語る.10の起きる確率が非常に低く,実際には5になる可能性がほとんだとしても.という例.



マスメディアが何らかの問題を取り上げられる場合,いわゆるニュースバリューが重要になる.したがって,目新しい問題がニュースとして取り上げられやすく,このことは必然的にごく小さなリスクにメディアの目を向けさせることになる.



本は大きく分けて,3つの視点と考えればいいでしょうか.

・第一点はマスメディアの情報提供のあり方
・第二の理由として専門家によるリスク表現と専門家内の対立.
・第三の理由はリスク情報を受け取り,解釈する個人の心に仕組みにある



この書籍で特に一番いいたいことは,「どのようにリスクを評価するか?」ということに尽きると思う.少なくとも,自分が一番身につけたい知識はこの部分だと思ってます.

more read...
posted by maplewine at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。