2011年09月24日

[いま,目の前で起きていることの意味について]読了





「行動する33の知性」とタイトルにもあるように,様々な人の考え方が載せられており,それぞれのテーマに対してジャック・アタリさんのコメントが数ページで描かれています.世界中で起きている多くの問題点について,ざっと現状そして未来を考えるよいきっかけになると思う.

以下の目次をみるだけでも,テーマの幅広さが分かる.

 I部 世界
  1章 民主主義
  2章 国際安全保障の問題点
  3章 暴力のない世界は考えられるか
  4章 中東の平和は世界平和につながるか
  5章 エイズ−求められる国際的連帯
  6章 気候をめぐる諸問題
 II部 経済と政治
  7章 政治家の役割
  8章 金(マネー)
  9章 保険の未来
  10章 法の未来
 III部 科学とテクノロジー
  11章 科学の将来をめぐる断想
  12章 生命の未来
  13章 科学−変わりつつある人格の概念
 IV部 文化
  14章 フランスの才能は果たして衰退しているのか
  15章 変化する音楽界
  16章 文学および演劇、芸術それとも娯楽?
  17章 現代社会における無償(フリー)の新たな位置づけ
 V部 社会
  18章 女性の地位は世界中で低下しているのか?
  19章 宗教は我々の行く末を規定するか?
  20章 激動する家族と恋愛関係
  21章 労働−新たな慣行、それとも新たな不安定さ?
  22章 麻薬−気晴らしの極端なかたち?
  23章 時間
more read...


ラベル:Book peace
posted by maplewine at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする