2011年10月15日

DAYS JAPAN 2011 8月号

DAYS JAPANは,毎月読んでいますが,この号は,日本の電力業界の電気料金の決め方が一番びっくりしたので少し記述します.

DAYS JAPAN 2011 No.08





この号を読んで知ったのは,電力の値段の決め方が固定されていること.
最近,新聞などでも騒がれるようになりましたが,総括原価方式という方法です.これは,必要経費に利潤を乗せて,電気料金を決めて良いというもの.つまり,経費削減など気にしなくても利益が出せてしまう.

なぜ,こんなにも安定が保証されている企業が,恵まれた福利厚生に浸かり,高い給料と退職金,年金制度に守られているのか,そういう声が出てくるのも不思議ではありません.彼らの利益は,すべて,電気使用時の選択権のない国民の懐から出ています.

more read...
posted by maplewine at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。