2006年02月11日

神も仏もありませぬ

神も仏もありませぬ
著者:佐野洋子
60歳を超えたおばあさんの視点から世の中をみる
お話です。長編ではなく、短編がいくつか載っています。
考え方にユーモアがあって楽しく読めました。
これは、ノンフィクションかなぁ?
『いつ死んでもいい。でも今日でなくてもいい。』
周りの人たちとの助け合いが微笑ましくて、ちょっぴり心温まるお話です。


posted by maplewine at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。