2007年08月25日

祈り

終戦記念日は過ぎてしまったけど。

『祈り』

prayer でも、grace でも、blessing でもなく、
この『いのり』という文字がなんとなく好き。
音も好き。
バランスもいいし、響きもいい気がする。

ちょっとらしくない文章を書きますが、
『心が凍てつく』

あなたはどんな時にこういうことが起きますか?
・大切なものを失ったとき
・信用していた人に裏切られたとき
・目の前でショックな出来事が起きたとき
・どうしようもない自分の無力感を感じたとき
……


そういう状況を想像できますか?

『凍てついた心が解けた瞬間』

どういう時にこれが訪れると想像できますか?

こういう状況を経験することは
多くの人がないだろうし、答えが決まっているわけでもない。

でもこれを考えると、どういうことが幸せか分かりませんか。

今も苦しんでいる人たち、
何もできないならせめて祈りを捧げようと思う。


posted by maplewine at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。