2008年10月05日

バベル スタンダードエディション

バベル スタンダードエディション
バベル スタンダードエディション 
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ ブラッド・ピッド.ケイト・ブランシェット.ガエル・ガルシア・ベルナル.役所広司.菊地凛子.二階堂智.アドリアナ・バラッサ



この作品は、複数の国が舞台となって展開するストーリーと聞いていたので
楽しみにしてみてみた。だけど、観た感想は『微妙。。。』[:ぎょーん:]

以下、内容に触れます。

せっかく、別々の国でそれぞれのストーリーがあって、さらに
なかなか絶妙な緊張感もあった。
日本人が渡したライフルが元で、国を跨いだ発砲事件へ発展。
国全体の大きな渦になっていくような予感。

個人的には、最終的にはそれぞれが対面して一緒に行動していくような
強い関係を持つのだと思っていたんだけど、、、
日本の舞台は特に何もなし。単にライフルを渡しただけ。
菊地凛子が聾唖の役で頑張ってるのに、そこにライフルや海外は全く関わらない。

なんか拍子抜け。期待しすぎた分残念でした。


posted by maplewine at 12:40| Comment(2) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バベル・・・懐かしい
かながトロントにいたとき そのときの国際映画祭で
この作品が流された
ブラピ、トロントに来ていたなぁ
Posted by kana at 2008年10月05日 22:35
おーひさしぶり!
コメントありがとう!
国際映画祭の時期、トロントにいなかったからなぁ。。
なつかしいな、いろいろ。
Posted by teamasa at 2008年10月19日 13:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック