2008年11月30日

血液検査 総ビリルビン

ちょっとひょんなことから血液検査を行った。[:病院:]
数日後、担当のお医者さんにビリルビンの値がちょっと大きいねと言われる。
『なんか心当たりある?』と。
むむむ。何もしてないぞ。
ただ、数値をみると確かに平均以上。
平均はだいたい1 mg/dl 前後(0.8 - 1.3とか文献によって違う)なんだけど、
自分は2.2mg/dl という数値を叩き出してる。
一応専門病院でちゃんとした検査したほうがいいかもと言われる。

ちなみに総ビリルビンの値が3mgを超えると皮膚や眼の結膜に黄疸ができるらしい。この値は一般的には肝臓や腎臓の異常を発見するのに参照される。
赤血球が持つヘモグロビンが壊れてできるらしい。
この後ビリルビンは排泄されるのだがこの処理の過程を考えると
値が大きいということは処理過程に問題があるのでは?ということに
繋がる。
赤血球が壊れすぎている(貧血の可能性)とか、肝臓の機能が落ちているといった
予測にたどり着く。

総ビリルビンの異常値は数年前に青年海外協力隊の試験を受ける際に
ちょっと特殊な検査も含む健康診断が必要で受けた際もその病院の先生に
指摘されたことがあった。
その時は値の大きさに対して他の部位におかしな点もないし、目も白いままということで
異常なしとなった。
(血液を運んでいる最中で血液成分が壊れて、この数値が極端に上がることがあるとの
説明も受けた。)
ちなみにカナダに行った最初の1ヶ月サングラスもしないで真夏に外を歩き回っていたら
目が真っ赤になってしまった。元看護師の友人にもそれを指摘されたし、
そん時は健康診断の時の数値の件が一瞬頭をよぎったが気にしても仕方ないのでほっといた。
(それからは外出時紫外線を気をつけるようにしたら、目の黄疸は治った。)

で、今回また別の医者から指摘されたわけだが、今から半年前に
かなりしっかりした健康診断を受けた。(会社の金でだが)8万くらいした。
で今頃検査結果をきちんと目を通してみると確かにビリルビンの値が高い。
健康診断受けた病院に再検査をお願いしようと電話して事情説明。
すると、
『うちの健康診断で肝臓などの臓器もしっかり調べてるし、その結果問題ないことが分かってます。
なのでそういう体質ってことですよ。』

って説明をうける。
その病院はかなり大きいところで高い金額分しっかり検査をしているため
『他の専門病院で検査を受けても"異常なしだけど、値だけ高いね〜、体質だろうね"で
終わると思いますよ』
って返事が返ってきた。
あーそんなんだ。なんか安心しました。

ちなみにビリルビンは抗酸化物質として近年注目を集めているらしく、研究が進んでいる。


posted by maplewine at 12:42| Comment(1) | TrackBack(0) | Health | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もし罫書きは深くすぐ取り除かないことができて、あるいは定期的に保養するのを待つ時また一回先生を補修するからきちんと整理して、しかしもし負傷して比較的重く渡して先生のから処理しなければなりませんでした。
Posted by スーパーコピールイヴィトン at 2013年11月02日 11:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。