2009年03月24日

LASIK レーシック体験記 その11 4ヶ月後定期検診

さて、3ヶ月目で視力の急激な低下を体験し、
目薬による様子見。

4ヶ月目にもう一度検査ということになりました。

ちなみにこの時期に銀座眼科の事故(事件?)がニュースで話題になり、
LASIKは一気に知名度を推し進めた感があります。

ニュースの詳細はこんな感じ。
視力回復手術のレーシック手術を受けた患者の中で、639人のうち67人が感染性角膜炎などの健康被害を訴えている。

溝口朝雄院長が2006年の開院以来、手術器具の滅菌装置を一度も点検していなかったことが、中央区保健所の調べでわかった。

 さらに、溝口院長は、手袋を着用せずに手術したことがあるほか、手洗い用の消毒液についても「薄めて使っていた」などと説明。手術室の清掃は溝口院長が不定期に行っていたという。


いやいやいやいやいや、なんて怖いこと言ってるんだ。
人間の体に触れるもので滅菌処理をまともに扱えない医者なんてどれだけ危機意識がないんだろう。
なんでこういう人が医者になれてしまうんだ。などと、思いながらこっちも自分の視力がどうなったかドキドキしながら
検査を受ける。

結果は両目ともに1.2。右目は1.2弱ってことだけど前回よりは回復。
今後は目薬回数落として様子を見ましょうということになった。

ある程度回復してちょっとホッとした。
最初の頃、1.5 あったからやっぱりショックな部分もあるけど、
1.0以上あればとりあえず十分。
前回までは左右の差が結構つらかったのだけど、今はだいぶ見やすいから
その点でも安心してます。

次回はまた1ヶ月後。このまま安定してくれるといいなぁ。
こんなにも上下するとやっぱり焦るよ[:汗:]


ラベル:lasik Medical
posted by maplewine at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | EYES | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。