2010年01月12日

Techno-Grove for iPhone, thanks for Techno-shugei

最近、寒くなりました。
といっても、都内の寒さはまだ5度付近だったりするので他に比べればそんなでもないのかもしれませんが。

ただ、このくらい寒いと外を歩く時は手袋が必要になります。さすがに素手では冷たい風がとても染みます。

でも手袋してしまうと困るのがiPhoneや、iPod touch, ほかのタッチパネルのもつ携帯やデジカメなどの操作です。

おそらく、いま挙げたデバイスのタッチパネルは手袋をしてしまうと反応しないはずです。
私のは反応しません。
タッチパネルが静電容量方式という仕組みを採用している場合、人間の肌が直接触れていないものでは動かないのです。


寒いのを我慢して、歩きながら、駅で電車待ちながら、iPod touch を操作していると本当に手は冷えていき痛みを感じるくらいです。

で、たまたま見つけたのが手袋したまま、タッチパネルを使えるようにする方法。情報元はテクノ手芸部さん
ありがとうございます。


簡単にテクノ手芸とは何か。ここでも宣伝させてもらいます。いえ、広告料はとりませんよ。

テクノ手芸ってなに?
テクノ手芸とは、電子工作と手芸を組み合わせた、
あたらしいクラフトです。


ということらしいです。これだけじゃわからない?

じゃ、もう一度。


Shugei means handcrafts in Japanese.
Techno-Shugei is a new way to make things using electronic devices or high technology materials.


thanks.

もっと知りたい方はリンク先のサイトをみてね。またはGoogle先生でしらべてみよう。

参考にしたのはこのブログです。iPhone対応手袋


仕組みをいうと、人間の皮膚上に帯びている静電気を電気を通す糸を通して手袋の表面に流してしまおうということで
指先に導電性の糸を縫いつけます。


えぇ、縫いつけるの実はちょっと大変でした。自分の持っている手袋は厚いのです。決して固くはないのですが。そして結構ぼろぼろなのです。ボロボロなのは、以前犬ぞりのお仕事してた時に使ってた手袋で犬たちとジャレると言う名の格闘しててボロボロになったのです。


話がそれました。厚みがあるなか感覚で針を通して行くと、裏とくっついて指が入れられなくなってしまうことが多々ありました。


結局、手袋に指を入れて、自分で針を指に指さないように気をつけながら、ゆっくり縫っていくのが私にとっては良い方法でした。
以下、動作確認をした動画です。







じつは、この動画を公開するために、Youtubeのアカウントをとるのが一番大変でした。なんどやってもパスワードがおかしいって言われて。今でも原因はわかりませんが、Firefox 以外からやったらできたので、きっとこいつの機嫌が悪かったのでしょう。

ちなみに、Firefoxは、レッサーパンダともいいます。これ、豆知識です。fox とついているのにパンダです。

動画の編集は初めてやったので楽しかったです。案外簡単にできるようになってるGUIに感心しました。

導電性糸は別で使うために購入したので、また進捗あったらここで報告したいと思います。


posted by maplewine at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | freedom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。