2010年05月13日

Armadillo-440 にAndroid Eclairをいれてみよう java編

前回、いれたバイナリファイルのAndroidはたぶんcupcake なので、今度はandroid2.1_r2を。

solaさんという方が非常にありがたいことに色々と公開してくださってるのでそちらのサイトを参考に作業を進める。

android の開発環境として、java6 でも動作するようだけど、推奨はjava5 だと以前聞いていました。無視してjava6 を使ってたのですが(正確にはsun-java5-jdkをapt-getからインストールできなかった)、make をかけたときにjava5 じゃなきゃダメだとエラーにされてしまったのでjava5 のインストールする方法を調べました。実は調べるとすぐわかりました。

パッケージがないというのは、別の場所にアーカイブされてしまったのでそのURLをリストに追加してあげればよいとのこと。

1. 以下のファイルに下の2行を追加します。

# /etc/apt/source.list

deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty multiverse

deb http://us.archive.ubuntu.com/ubuntu/ jaunty-updates multiverse



2. sudo apt-get update

実は2. の作業をすっぽかして3. に進むとファイルがないと怒られる。最初、私は2の部分を見落としてて、なぜエラーになるかわかりませんでした。2台のパソコン上で進めてて、片方がうまくいったのにもう片方がだめ?なぜだぁと。update ってリストを更新する意味もあるんですね。ファイル上のリストがupdate かけるまでは古い情報を利用しているようでした。間抜けなミスです。


3. sudo apt-get install sun-java5-sdk


以下は、現状でjava6がインストールされているので、java5を使うように変更すれば終わり.

4. $ sudo update-alternatives --config java


5. $ sudo update-alternatives --config javac


参考:
"Ubuntu 9.10でJAVA 5 - たぐってつづる"


ラベル:android Armadillo
posted by maplewine at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。