2010年10月10日

さよなら、iPad.

さて、前回、『こんにちは、iPad.』というテーマのブログを書いたばかりですが、この子とはお別れすることになりました。


理由はいくつかあるのですが、一番の理由は持ち運びづらいという点です。

もちろん前回書いたように気に入っている部分もありますが、やはりいつも重いと思っていました。これが重いせいで、(たまにがんばって両方持っていましたが)Macbook Proを持ち出せないということが何度かありました。



なぜ、MacbookProをそんなに持ち運びたいのかといえば、やはりiPadでは、機能的に不十分な点があるからです。プレゼン資料作成したり、写真を加工したり、アップロードしたり、iPad上でできなくはないですが、Macで行った方が楽です。慣れの問題かもしれませんが。



iPad



そして、キー入力。自分はemacs使いなので、Ctrlキーをよく多用するのです。でもiPadにはCtrlキーがないのです。

普通に考えて、ラップトップコンピュータ上で文章を入力した方がはるかに速いのです。そのため、iPadばかりに依存した生活は逆に生産効率を落とすと思いました。場面に応じて使い分ければいいのですが、やはりこの重さで2台も運びたくはありません。持ち運びやすさを理由に、資料作りの生産性を下げたくはありませんでした。






また、一番使う頻度が多いのが仕事でというのも個人的にいやでした。

だって、自分のお金で高い買い物したのにそれが私生活でなく、仕事に重きが置かれてしまうのはかなしいです。


また、iPadを購入してから、本を読む時間が大きく減ってしまったのです。自分の日常において刺激がなくなった気がします。


ふと思ったのは、iPad を使ってみて、想像通りのことはできるけど、『わくわく』しないということでした。iPod touch は色んな発見があって良かったんです。でもiPad は衝撃を受けるほどではありませんでした。たぶん、私にはあまり魅力を感じなくなっていたんですね。



余談ですが、背面結構熱くなった気がしたのですが、今年の夏に使用していた人は大変だったのではないでしょうか。


買う前からこの結果は予想していたのですがやはり使ってみなきゃわからないということでかなりの時間を使い続けていましたが、7月上旬手放すことに決め、即座に売却しました。
実使用時間は1か月です。


手放してから3か月経ちますが、またほしいと思うことはあまりありません。ドキュメントを読むときくらいでしょうか。

売ったお金でフジロックを思う存分楽しんできました。


最近、噂になっているより小さい・軽いMacbook Airや、iPad 7インチがでるならまた改めて買うかもしれません。

しつこくてすみませんが、仕様書読むのは便利だったんですよね。


いま、様々なメーカーからタブレット発表されてますし、この端末には今でも注目はしています。



ラベル:iPAD apple
posted by maplewine at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Products | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。