2011年06月14日

Processing に外部Librariesを追加する

Processing向けに外部公開されているライブラリを取り込んで使いたいと思ってつまづいたことのメモ.


Processing 1.2のときは,Processingの実行ファイルがあるフォルダ以下の標準で入っているライブラリフォルダにそのままフォルダを入れてあげれば, 認識されていたけど,Processing1.5にしてからはどうもうまくいかない.

確認してないけど,1.2のライブラリを見に行っているような気がするし,Processing を起動して Tool -> Import Libraries を覗いても追加されていない.

ProcessingImportlib.JPGFile -> Preference (Ctrl+.)で設定画面を表示します.

上にある"Sketchbook location:"に設定されているフォルダ以下にライブラリを置くと見えるようになります.

以下のサイトで書かれているような,_libraries とか異なる名前ではダメでした...

参考サイト:
[Processing][仕様]外部ライブラリ(*.jar)の設置方法
http://labs.uechoco.com/blog/2008/03/processingjar.html


例)"hogefuga"というライブラリを設置する場合.

sketchbook 保存場所をC:\src\processing とします.(OSはWindowsXPです.)

■1. ライブラリ用フォルダの作成

C:\src\processing以下に,librariesというフォルダを作成します.
C:\src\processing\libraries




■2. 作成したライブラリフォルダの下にインポートするライブラリ(jarファイル)と同名のフォルダを作成します.

C:\src\processing\libraries\hogefuga
というフォルダを作成.





■3. 作成したフォルダ以下にhogefuga ライブラリをコピーします.

構成は以下のようになっているはず.
C:\src\processing\libraries\hogefuga\library\hogefuga.jar

ライブラリによっては様々な他のフォルダも付いてきます.

例えば,gsvideoライブラリなら次のような構成になります.

C:\src\processing\libraries\gsvideo\library
\src
\reference
\examples





ちなみにFile -> Examples の下もからっぽ.Processing 1.2ではきちんと見えてる.なにこの差は...

Examplesをクリックすると,別ウィンドウが開いてexamplesフォルダツリーが表示される.なんでこんな動きになっているんだろう.

また,追加したライブラリに用意されているexamplesがあれば,それも出てきます.これはありがたい.
zip圧縮されたライブラリを解凍して,examples フォルダがあればそれをわざわざどこかに移さなくてもライブラリごと,コピーしてあげれば使えるようになるのです.

設置したExamplesフォルダ以下にサブフォルダがあっても,その中にあるpdeファイルとかも全て見つけて表示してくれます.
posted by maplewine at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209785533

この記事へのトラックバック