2011年08月11日

Excelで入力規則で別シートのリストを参照

Excelで入力する項目をあらかじめ絞っておくことで,ユーザより不正な値が入力されるのを防ぐことができます.その機能を実現するのが,「入力規則」です.


で,予め,選択肢を用意しておいて,そこから選ばせるような機能をつくることもでき,それは入力機能の入力値の種類で"リスト"を使用するのが簡単です.

リストとは,あらかじめ,Excelのあるセルの範囲に,選択肢を記入しておいて,そこをリスト選択の参照値として設定することで入力するセルには,その選択肢の範囲内でしか記入できなくなります.これによって,ドロップダウンリストによって,入力することも可能になります.

ただ,そのような,選択項目を羅列した複数のセルが,入力するセルと同じシート上にあるのは汚いものです.そもそも,印刷すると,その余計な選択群まで印刷されちゃったりいいことはあまりありません.

そこで,別シートを作って,そこに選択群を作成し,そこを参照させるようにすれば,入力するためのシートはすっきりします.

しかし,Excelで単純に"元の値"に別シートのセルを参照させようとしてもできません.

参照するためには,いくつか方法はあるようですが,私は以下の方式を行いました.

参照先の別シートの選択群をマウスで選択・アクティブにする.

左上(セルの名前(例えば,A1とか)が出ているところをクリックして,名前をつける."参照リスト1"とか.)


そうすると,その範囲を選択した場合は,つけた名前が表示されます.

次に,入力するシートに戻って,入力規則を割り当てたいセルを選択,入力規則の設定に入ります.(入力規則は,メニューバーの「データ」→「入力規則」から開けます.)

元の値の項目に,"=参照リスト1"と入力するか,ウィンドウ画面をだして,"F3"キーを押すと,名前のつけた候補がずらっと出てきますので(一つしか,作っていなければ一つしか出ません),
こんな感じ↓

別シート.JPG



詳細は,以下の参考サイトをどうぞ.図も添付されているのでたいへん分かりやすいです.


参考:Excel(エクセル)基本講座:入力規則の使い方 入力規則2 【リスト2】別のシート

http://www.eurus.dti.ne.jp/~yoneyama/Excel/n-kis.htm#list2


ラベル:EXCEL lifehack
posted by maplewine at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック