2011年12月07日

[世界でひとつだけの幸せ]とポジティブ心理学

ボリュームがあったけど,読み終えてみると良い本でした.
テストもいくつかあって試しながら,自分の感情と向き合いながら読みすすめられます.

自分の感情の傾向を知っておくことは,多くの場面,特に自分の場合は,相談に乗る機会がちょくちょくあるのでそういう時に様々な視点で物事を捉える意味ではとても有効.

世界でひとつだけの幸せ

世界でひとつだけの幸せ
著者:マ-ティン・E.P.セリグマン
価格:1,995円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




最近,ブータン国王夫妻が日本を訪れ話題になりましたが,このブータンという国は国民総幸福度を測定して,それが高い国として知られています.自分がこの国を知ったのは伊坂幸太郎さんの本だったような.
その後,DAYS JAPAN かクーリエ・ジャポンか何かで,この国の経済発展の様子が取り上げられており,それによってお金の価値観が必要以上に重要視されてしまうことを危惧したりしてました.この国は色々面白いと思うので興味ある人は一緒に話しましょう!そのうち,行きたい国の一つです.


話が横道にそれましたが,経済的に恵まれていなくても,幸せを人は感じることができる,どんな人生であれ,幸せを多く感じることができた人が,満足して死ねるのだと考えるし,そういう視点を与えてくれる本でもあります.

「人にとって幸せとは何か?」その答えがここにあるわけではないのですが,気持ちを楽にしてくれると言えるかもしれません.


何度もじっくり読みたい本です.子供に対して,承認するという流れが理解できる, 幼児教育の視点も学べます.わかりづらくても,行動から始めてみるとあとから認知がついてきます.こういう,自分が今まで興味を持って学んできたことと繋がる内容でした.

以下,内容から抜粋です.



・大切なのは幸せになりたいという意欲

「人間に必要なのは,ポジティブな感覚だけではなく,ポジティブな感覚を持つ権利を得ることなのだ.」


「幸福は遊びからよりも親切な行為からのほうが手に入れやすいのでしょうか」
「商学部のある学生も,買い物に金を使うよりも他人の手助けをするほうが楽しいと感じる自分を発見して驚いた.」


「『ところで"幸せ"っていったいなんなの』第1章を読んでこられたあなたはこんな疑問をお持ちではないだろうか.(中略) 私の関心事は,幸福を定義することではなく,ポジティブな感情と強みを分析し,どうすればその感情と強みを増すことが出来るのかという『幸福の構成要素』をあなたに教えることだからだ.」



この本で述べられていることは,ポジティブ思考になれというわけではないのです.幸福を感じられる感情を一緒に見つけていきましょうということだと思ってます.




「つまり,気分が落ち込んでいる学生はハッピーな学生よりも失敗の経験を冷静に記憶し学習するというわけだ」
「ハッピーな人は,良いことは実際に経験した以上に覚えているが,悪いことはすぐ忘れる.成功と失敗の評価は平等ではない.
ところが鬱状態の人は,成功と失敗を平等に評価し,良いことも悪いことも正確に覚えてしまう.」



気分が落ち込んでいる人のほうが,物事を正しく理解している.だが,それが幸せなきもちを生むかというと別の話だということが理解できると思う.失敗でくよくよしてるくらいなら,それを覚えてて次に活かせる自分の記憶力を褒めよう.



「病気でも幸せでいられる.(中略)5つも6つもの合併症を患う病人は,幸福度は時間が経つにつれて低下する.
普通の病気は不幸をもたらさないが,重い病気は不幸をもたらすといえる.」

「性と気分には興味深い相関関係がある.男女の感情的な状態の平均値に変わりはないのだ.しかしこれは,
女性の幸せの平均値が男性より高く,また女性の不幸せの平均値が男性より低いことから得られた結果である.」

「信心深い人は幸せになれる」



この抜粋だけでも,興味は惹かれるのではと思う.自分は夢中になりながら読みました.性による感情の違いは日常生活を通していれば分かると思う.あくまで傾向の話だけど,それでもこういうデータがあるのは興味深い.また,病気との付き合い方も変わると思う.


そういえば,あえて話を脱線するけど,いまはガンはほぼ誰もがかかる病気であるし,治らない病気でもない.なのに,ガンを告知されるとこの世の終わりのように衝撃を受けるのはなぜなのか.


話をもどして,今回,自分が一番ガツンときたもの.


「夜,良書を読むかテレビの連続ドラマをみるかの選択になると,私たちはテレビを選ぶことが多い.じつはアンケート調査では,連続ドラマを見ている時の一般的な気分は軽いうつ状態であるとの報告が数多くあるのだが…….充足感よりも安易な快楽を習慣的に選んでしまうというのは,どうもやっかいなことらしい.」



自分は,テレビを持ってないのでこうはなりません.ただ,夜は読書か,ネットによる時事情報検索です.上記の例にはなってないからいいとかではなく,環境によってたまたま安易な快楽を避けているのではなく,能動的に充足感を得られるのはどのやり方かを意識した行動をしていくと,また違った楽しみが見える気がしたのでこれからの行動指標の一つにしようと思う.


最後に,この動物の例を載せる.こういうのは,背景が分からないと理解出来ないと思う.きっと見落としていることはたくさんあるんだろうな.


ジュリアンはペットのトカゲにハムサンドを与えた.トカゲは興味を示さない.弱る一方だった.何の気なしに新聞をハムサンドの上に放り出したらトカゲはこの形状をちらとみると,新聞にとりかかり,ずたずたに引きちぎると,ハムサンドを貪った.とかげの人生において,獲物に襲いかかって引き裂いてから食べるという能力の行使があまりにも重大だった.





ちなみに自分はわりと悲観的な捉え方をするタイプらしいです.ストレス気を付けないとー.
posted by maplewine at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック