2013年11月28日

Bitcasa サービス

クラウドサービスを利用して、複数の異なるデバイスで写真やドキュメントを共有するサービスは結構有ります。
実際、そのなかで有名なのはDropboxでしょう。
自分は、Dropboxを知った当初はあまり使ってなく、むしろSugerSyncにはまってたのですが、
異なるデバイスが増えていくに従って、(SugerSyncはデバイス数にフリープランだと制限があったので)Dropboxの親和性の高さに驚いたものです。

そんな中、いつからか忘れましたが「容量無制限」を謳い文句に同様のクラウド型ファイルストレージサービスが現れました。
その名もBitcasa.
容量無制限、なんていい響きでしょう。
どんなにファイルを置いてもOK, アホな写真などわざわざ消してHDDの容量をせっせと確保するという雑用の時間が大幅に削減、ストレスが減らせると考えただけで非常に魅力的です。

当時はまだベータサービスだったため、トライアルとして参加、それなりのファイルを置いていたのですが、スピードが遅かったりしたこともあり、気づいたら使わなくなっていました。
しかし、最近(少し前?)、正式リリースされたのか、無料ユーザは上限10GBとなりました。最初からこうだったかは覚えていないのですが、少なくとも自分は10GB 以上をサービス上に置いていて、ここ最近「お前の容量は制限を超えてるんだけど、有料版に移行しないならアカウント止めるぞ」的なメールを受信するようになりました。。

実は、ここ最近過去のデジカメの情報も煩雑になってきたし、さらにはここ数年のデジカメ画質がさらにアップ、気軽に取れる携帯の画質が特にきれいに、スマフォの影響でしょっちゅう添付されて送られてきたり、ということがあって、バックアップも色々気にしたり、HDD容量も気にすることが多くなってきました。
また、自分の使ってるMacbook Airの容量もいっぱいになってきてどうしよう。。。という状況でしたので有料版にしようと思い始めているところでした。

ちょっと調べたら、成功事例はまだなさそうですが、MacのTimeMachineをBitcasa上においてしまおうというかんがえもあるらしく、これが出来るのなら本当にありがたいです。
最初にクラウド上にファイルをコピーする作業が容量の大きさゆえにみんな失敗しているらしく、ここが回線切れても続きからアップデートしてくれる方法になってくれたらいいのになと思います。
このサービスのいいところは、(Dropboxでもあったかもですが)過去の消してしまった・変更した差分のファイルを保持していること。この機能って通常は意識しないけど、困ったときに本当に感謝する部分であるのでこれはうれしい、年1万円払う価値はあるなぁと思います。

ってここまで書いたんですが、また移行できず。上記TimeMachineの件がちょっと保留の理由なのです。
もう少し色々試してみたい。

ということで、興味持たれたかたら以下からアカウントを作成していただけると、新規登録者及び、私のアカウントの保存上限も増えるのでお互いうれしいかなぁと。

http://l.bitcasa.com/GTf2wwU.


ラベル:service web Bitcasa
posted by maplewine at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | .service | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。