2015年07月04日

kindle paperwhite 2015買いました

先月末に発売になりましたKindle 書籍リーダーの最新機種を買ってしまいました。
個人的に、スマフォやタブレット含め、目が疲れにくいものがよいという考えのもと、
解像度が高いという点に惹かれたのが理由です。



もともと、Sony Readerを2台これまで使ってきてて、購入している電子書籍もSonyが運営しているReader Storeからが中心だったのでこれまで購入したものが読めなくなる可能性もよぎったのですが以下の理由から買ってしまいました。

・ 解像度があがったこと(300ppiの高解像度で、前世代機の2倍のピクセル数。とのこと)
・ Amazonプライム会員はディスカウントが効くこと (私はプライム会員なのです)
・ Amazonプライム会員は毎月無料で1冊書籍が読めること
・ ライトが内蔵されていて夜間でも読書ができること

特に最後のは、これまで使ってたSony Readerでは満たせない点でいつも小さいLED電灯などを使って読んでいたのですがどうしても光が散乱するのが気になってあまり夜は使えてなかったのです。
いまは小さい子どもがいるので隣の部屋の電気をつけてても気づいて目を覚ますことが多く、最近は同じ部屋で寝っ転がってタブレットで電子書籍を読んでました。
ただ、寝る直前にタブレット使ったりしてると、すぐに眠りにはいれなかったり、睡眠が浅くなってるというのが自覚としてあって、目の刺激を少なくしつつ、わずかなスキマ時間を使って読書をすすめるにはどうすればというのが課題でした。

今回の機種を買ってみて、確かに解像度が上がった感じはするのですが濃淡が(今まで使ってたSony Readerと比べて)よりくっきりした感じがするのは嬉しいですが、なにより暗い部屋の中でも外部からLED電球で照らすことなく自然な感じで本が読めるのがとてもうれしい。光量も調整できるし、全然眩しくない。

逆にちょっと期待と違ったかなというのは以下の点です。
・ (Sony Readerに比べて) ちょっと重く感じる。あとデザインが黒だけというのも野暮ったく感じる。
・ Sony Readerにあった物理ボタンがやっぱり便利。試せてないので買う気になれなかったのだけど、kindle上位機種のVoyageでもいいかも
・ 解像度があがったといってもPDFとか思ったほど読みやすさは変わってない気がする。マンガは読みやすくなった感じはする。

とりあえずまだ使って数日ですが満足してます。持ち運びにはSony Reader、寝室ではKindle paperwhiteが活躍という形で住み分けされそうです。

以下は持ち運び用の電子書籍リーダーです。


少し変わるのですが(多分Reader Storeとか使えなくなる)、大型ディスプレイに惹かれてお金があれば買いたいなと思ってるのが以下のデバイスです。
解像度上がったDPT-S2がもしでるのであればきっと即買いすると思います。

posted by maplewine at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Computer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421750050

この記事へのトラックバック