2016年07月03日

読了: 企業風土とクルマ−歴史検証の試み−

著者: 桂木 洋二による作品



それぞれ、会社の創業時の背景からそれぞれの社長交代が会社のカルチャーにどのような影響を与えたかが考察されており、とても興味深い内容でした。


   
特にこの本を読んだタイミングは「三菱自動車の不祥事が再度発覚」し、「日産(ゴーン)が三菱支援に名乗りを挙げ」、スズキは会長がCEO返上 し、マツダは営業最高益を更新したりで好調と耳にし、富士重工が社名をSUBARUに変更するという発表があり、また各社が自動運転車についての取り組み を発表しているという時勢だったため、色々感じながら読みました。

この書籍は今年読んだのですが、実は書かれたのは2011年だったのでアベノミクス以降の変化は考察されていない。続編が読みたくなる書籍でした。かなり色々調べられた結果の書籍でしたので、時間はかかると思いますが、2011年以降についての考察を伺ってみたいです。
タグ:Car Book
posted by maplewine at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Impression | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/439648564

この記事へのトラックバック